低用量ピルの効果 未分類

アフターピルがない!トリキュラーで代用しても大丈夫?セット購入がおすすめ

投稿日:

コンドームが破れてしまった、突然中出しされたなど、SEX中に起こるトラブルで思わぬ妊娠に繋がることがあります。
その際に緊急避妊薬(アフターピル)があれば、すぐに妊娠防止に向けて手を打つことができるので安心ですね。

しかし、手元にアフターピルがないということはよくあります。
通販サイトで購入しても届くのに日数がかかりますし、アフターピルを取り扱っている病院が近くになかったり、休診日で開いていないということも十分に考えられます。

手元に低用量ピルのトリキュラーがある場合、それを緊急避妊薬として代用することはできるのでしょうか。

緊急避妊とは

緊急避妊とは

緊急避妊(事後避妊)とは、SEX中になんらかの事情で避妊しそこなった場合に妊娠するのを防ぐ方法です。

子宮内避妊具など複数のやり方がありますが、最もよく使われているのがアフターピルの摂取です。
アフターピルを飲むことで、体内の女性ホルモンの濃度が急激に上がり、その後下がったタイミングで子宮内膜(子宮の壁)がはがれ、受精卵が着床しにくい環境が出来上がります。

アフターピルと低用量ピルの違いは?

この2つのピルの違いは、飲み方と効能にあります。

アフターピル

通常、SEXから72時間以内に飲むことで事後避妊が可能になります。
妊娠防止が成功する確率は、24時間以内の服用であれば90%以上と言われています。

アフターピルは避妊をし損なったSEXの直後に1回服用し(薬剤によっては2回飲むものもあります)することで、女性ホルモンのバランスが変化し、排卵や着床を抑制するのです。

低用量ピル(Oral Contraceptives, OC)

含まれている女性ホルモンの量がアフターピルより少ないのが特徴で、生理の初日から飲み始めることで、計画的な避妊ができる錠剤です。
低用量ピルは毎日飲むことで事前に妊娠が困難な身体にします。
低用量ピルの避妊が成功する確率は99%以上と言われています。

そのひとつであるトリキュラーは、日本で最も処方されている薬剤で、避妊はもちろんのこと、更年期障害や生理不順、生理痛緩和などの目的でも使われているのです。

トリキュラーを使って緊急避妊ができる?

トリキュラー

低用量ピルはそもそも性交渉の前から避妊する目的で飲むものですが、飲み方を変えることで緊急避妊薬の代わりとして使えます。

トリキュラーで事後避妊をする方法

アフターピルがすぐに手に入らない状況でトリキュラーを代わりに使う場合は、SEX後すぐにトリキュラーのシートの黄色い粒を一度に4つ服用します。

その12時間後に再度黄色い粒を4つ飲むのです。2回目の服用を忘れてしまうと、妊娠の可能性が下がりませんので、気をつける必要があります。

最初の服用がSEXから72時間(3日)以内であれば、避妊成功率は75%程度といわれています。

トリキュラーで緊急避妊が成功したかどうかはどうやってわかる?

トリキュラーをSEXの後に2回服用すると、3日~3週間ほどで消退出血が起こります。
この出血を以て妊娠防止が成功したといえます。

これは子宮内膜がはがれたことで起こる出血ですが、量は生理よりも少し少ないことが多いようです。
もともと子宮内膜が薄い場合は、ほんの少しの出血で終わることもあります。

緊急避妊にも使えるトリキュラー!でもやっぱり緊急避妊はアフターピルを

トリキュラーの飲み方を工夫すれば、アフターピルの代わりに事後避妊をすることができることがわかりましたが、それでもやはり事後避妊にはアフターピルを使うことを推奨します。

トリキュラーで事後避妊をする場合、その成功率は75%ですが、アフターピルでは24時間以内の服用で95%というさらに高い成功率なのです。

低用量ピルで事後避妊をしても25%の確率で身ごもってしまうわけで、決して低い数字ではありません。
もし事後避妊に失敗して妊娠してしまうと、中絶手術を選んだ場合、女性は心身ともに重い負担を背負うことになります。

そう考えると、やはりアフターピルで対処することを推奨します。

アフターピルを事前に買うには?

病院を受診

アフターピルは、婦人科やレディースクリニックで処方されます。

アフターピル目的の受診は自由診療になるため、10割負担で料金は1回あたり5,000~
15,000円もかかってしまいます。

また、複数回分をまとめて処方してもらうことはできず、必要なときに毎回受診しなければなりません。

通販サイトを利用

日本では薬事法により、ピルを病院以外で売買は禁じられています。
そのため、ピルを取り扱っているサイトでは、海外から錠剤を発送しているのです(海外では処方箋なしでピルを入手できる国があります)。

通販サイトでは、病院よりも低価格でピルを入手することが可能です。
さらに、まとめ買いで割引が効いて1箱当たりの価格がさらに安くなることがあります。

アフターピルは服用方法を間違ったり失敗したりすると、再度飲み直す必要があるため、1度にまとめて買っておくと便利です。

通販サイトならアフターピル&低用量ピルのセット購入も可能!

通販サイトならアフターピル&低用量ピルのセット購入も可能!

ピルを取り扱っている通販サイトでは、ピルのセットも売られています。

低用量ピルで事前に避妊処置をしておきたいけれど、どうしても心配な時のためにアフターピルも持っておきたいと考える女性の願いをかなえるべく、両方セットで購入できるようにしているのです。

低用量ピルをすでに飲んでいる方は毎日服用していれば妊娠の心配ほぼありませんが、飲み忘れたままSEXしてしまって慌てるということも十分考えられるでしょう。
そういった時に慌てて病院に駆け込むよりも、手元にアフターピルがあるとより安心ですね。

低用量ピルを定期的に通販サイトで入手している方は、この機会にアフターピルも検討してみてください。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低用量ピルの効果, 未分類
-, ,

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.