アフターピルの効果

マル秘!知って得するアフターピルの避妊効果と安全性

更新日:

アフターピルの効果と安全性

女性の間ではアフターピルの存在も随分と浸透してきました。
利用した事がある女性も少なくないものですが、存在は知っていても使った事がないという女性もまだ多いでしょう。
アフターピルを使った事のある方も、まだ使用した経験のない方も、いざという時の為にアフターピルの効果や使い方などの正しい知識を付けるのは女性としてとても大切な事です。
また、身体への負担や安全性を心配してアフターピルを敬遠している女性もいるでしょう。
そんな方には、アフターピルは正しく服用すれば安全性の高いアイテムだという事を是非理解して欲しいと思います。
では、これから知って得するアフターピルの避妊効果と安全性について紹介していきます。

アフターピルの服用で得られる効果

アフターピルの服用で得られる効果

アフターピルは、コンドームや低用量ピルとは違った働きかけによって妊娠を防ぐ製品になります。
コンドームは、精子の子宮への侵入を防ぐ事によって避妊効果を発揮します。
そして低用量ピルは女性が毎日服用し排卵を阻害する事によって妊娠を防ぐものです。
それに比べてアフターピルは、排卵を抑制する効果がある他、例え受精してしまった後でも、受精卵の着床を防ぐ効果があります。
有害な成分により精子を殺すといった様な働きで避妊をする訳ではありませんから、安全性は高くなります。
これにより避妊に失敗後でも72時間以内に服用する事で高い妊娠阻止率と安全性を誇るのです。
安全性が高くアフターピルとして認可されている専用のピルならば、避妊失敗から12時間以内に服用すると妊娠率は0.5%、24時間以内で1.5%、48時間以内で2.6%、72時間以内で4.1%と発表されています。
この結果からも分かる様に、アフターピルは失敗後に早く服用する程妊娠率は低く避妊効果は高いという事が分かりますね。

アフターピルを服用しても安全な理由

アフターピルは服用しても安全

アフターピルの成分は、当然毒物などではなく避妊薬として毎日服用する低用量ピルと配合量の違いはあれども女性ホルモンと同じです。
避妊薬として医師からも推奨されているピルと同様の成分ですから、安全性についても問題はありませんが、アフターピルは確かな効果を得られますが人によっては吐き気などの副作用が起きるケースがあります。
ただし、こうした副作用は一過性のものであり24時間以内に治まる事が普通なので安心してください。
正しい服用量を守り正しく使えば、安全性は高くその後重篤な副作用や体調の悪化が起こる事はないと言えます。
もちろん、将来妊娠をしたいと思った時に、アフターピルが原因で不妊になったり胎児に悪影響が及ぶといった事もありません。
何よりアフターピルは、中絶と比べて圧倒的に身体と精神的な負担が軽いというメリットがあります。
こうした中絶による女性の負担を減らすために病院でも処方される様になったのが、アフターピルです。
そのため安全性については医師のお墨付きという事になります。
ですから、もし避妊に失敗してしまった時はアフターピルを服用した方が安全性が高く負担もリスクも減らせると言えるのです。

知ってよかったアフターピルのマメ知識

アフターピルのマメ知識

多くの女性がアフターピルは72時間以内に服用出来なければ、効果はないと思っているかもしれません。
ですが、避妊失敗から72時間が過ぎてしまってもその効果は0になるという訳ではありません。もちろん72時間以内に服用した場合よりも、妊娠阻止率は低くなりますが一定のメリットは期待出来るのですが、基本は72時間以内の服用をして下さい。
そして早ければ早いほど効果がある事に違いはありませんから早い段階で服用するようにしましょう。
またアフターピルの服用で困るのが、その副作用です。
副作用で一番起こりやすいのが吐き気となり、そのまま嘔吐してしまいアフターピルが体内に溶ける前に吐いてしまうとその効果が下がってしまう事もあるうえに、服用して3時間以内ですともう一度、服用をしなくてはならないのです。
そのため吐き気を防止するには、酔い止めを服用するのが効果的です。
酔い止めは市販の乗り物酔いに効くタイプでも安全性に問題はございませんし、病院によってはアフターピルと一緒に処方してくれる場合もあります。

アフターピル服用後の生理

アフターピル服用後の生理

もう一点、アフターピルの服用後に不安になる事があります。
アフターピルの服用後の生理が中々こないと不安になる事がよくありますが、服用後いつ出血するかはアフターピルをいつ飲んだかによっても異なり生理予定日付近まで出血がない事も珍しくありません。
服用後数日で出血が起きなければ、避妊失敗と勘違いしている方もいますがアフターピルを服用した人全ての女性が数日中に出血する訳ではないのです。
焦らずに生理予定日の1週間前後までは、出血を待つことも重要となります。
不安なら生理予定日から使用可能な早期妊娠検査薬も使用する事をオススメ致します。

アフターピルを利用する際には、その価格が気になる人もかなり多いと思いますが、最近では、海外の医療品通販の個人輸入サイトで安価で購入できるようになり若い女性の間で人気となったのです。
通販サイトでは心配だという方は、病院で処方をしてもらう事になりますが病院で処方してもらう場合は保険の適用外で、実費負担となります。
そしてその価格は病院によって異なり、1回分で1万円を超える事もありますので、やはりアフターピルを購入するなら、価格の安い信用の出来る個人輸入通販サイトで購入する事をオススメ致します。
特に通販サイトでは病院の1/10という価格で購入出来るというメリットがありますので、訳のわからない通販サイトで購入してしまう方もいらっしゃいますが、偽物を送ってきたり商品が届かなかったり悪徳サイトもありますので、必ず信頼の出来る個人輸入の通販サイトで購入するようにしましょう。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルの効果

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.