アフターピルの効果

アフターピルの服用

更新日:

初めてのアフターピル服用

性行為をした後に、もしかして妊娠してしまうんじゃないかな?と不安になることありませんか。
コンドームのつけ方がうまくいかず膣内で残ってしまったり、コンドーム自体が破れてしまったりと思わぬアクシデントにあうことがあります。
そんな時に妊娠を防ぐのがアフターピルです。
でも、アフターピルって本当に安全なの?どれぐらいの効果があるの?アフターピルが成功したという目安は?と、アフターピルについて知らないことが多いのではないでしょうか。

アフターピルの避妊率について

アフターピルの避妊率

アフターピルは性行為をした後でもできる避妊法です。
ですが性行為をして72時間後以内に服用しなければ、アフターピルの効果は薄れてしまいますが、全く効果がないわけではないので服用しないよりはアフターピルを服用した方が妊娠してしまう可能性は低くなります。
アフターピルの時間経過と避妊の成功率は、24時間以内で95%以上、25~48時間以内で85%、49~72時間以内58%の効果があるといわれています。
こちらの結果からもアフターピルの服用は、性行為の後できるだけ早く服用することが望ましいことがわかります。
取扱説明書では、72時間以内とは記載されていますが、最初の49時間後の避妊効果は約半分にも落ちてしまい妊娠する確率は半々になってしまうのです。
ですが大半の人は、そんなアクシデントを想像していないので妊娠の可能性のある性行為をしてしまった翌日、産婦人科に行きアフターピルを処方してもらう人が多いと思います。
妊娠してしまうかも…と、悩んで時間をすごすよりはアフターピルを一刻も手に入れて服用するほうが、妊娠を防ぐためには効果的です。
病院に行き、処方してもらうと処方記録が残ってしまうことにもなるので、そのことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。
現在では、通販でもアフターピルが購入する事ができます。
いざという時のために、アフターピルを常に持ち歩き望まない妊娠を防ぐお守りにしておくのもいいでしょう。

アフターピルの服用後生理にずれがあるのは何故?

アフターピルと生理の関係性

大量の女性ホルモンを摂取することにより、強制的に生理をおこさせて受精卵の着床を阻止する効果があるものが、アフターピルと呼ばれている物です。
72時間以内の服用という条件は、精子が膣内に入り受精卵となり子宮内膜に着床することを防げる限界の時間が72時間と言われておりますが、最近では性行為後5日以内の服用でも妊娠から防いでくれるアフターピルも商品化されております。
つまり、アフターピルとは受精卵が着床できないように、子宮内膜を体外に排出する効果があるものです。
避妊効果が証明される一つの目安として、効果が早くて3日、遅くても3週間以内に出血があり、きちんと生理がくる事が避妊成功の合図となります。
妊娠しないために、強制的に生理を作り出す薬ですが、排卵日の前後で生理が来る日も違います。
排卵前に服用した場合には、数日後で出血がありますが、排卵後ではすぐに生理がくることはなく、通常の予定通りに生理が来ることが大半です。
また、生理直前に服用すると生理予定日を1週間ほどすぎてから生理がきます。
排卵の有無、生理前かという体の状況によって生理に狂いを生じさせるのです。

アフターピル服用に関する注意点

アフターピルの注意点

子宮内膜を強制的にはがしてしまうほどの強い女性ホルモンを服用するのですから、低用量ピルよりも強い副作用がでてしまうのはしかたないことだといえます。
アフターピルの副作用は、低用量ピルと同じように、めまいや頭痛、倦怠感、腹痛、嘔吐などです。
人によっては数週間続くことも少なくありませんが、大体の場合は服用後2~3日程度で収まる人が多いようです。
アフターピルの副作用で、辛い思いをすることもあると認識したうえで服用しましょう。また、アフターピルを服用する前には、注意点があります。

妊娠をしていない事

アフターピルを飲む前には、妊娠検査薬で妊娠していないことを確認してください。
胎児に影響を与えることはありませんが、母体に悪影響を与えることになります。
元々妊娠していている場合は、避妊薬としての効果はありません。

服用方法・摂取量や時間を必ず守ること

高濃度の女性ホルモンを服用することになるので、飲む量や時間を間違えると副作用がきつくなります。
また、何度もご説明をしております通りアフターピルは性行為後、早ければ早いほど妊娠の率が下がりますので、服用されます場合は、必ず時間を守って服用する事が大事となります。
ここで注意点なのですが、いくら妊娠を防ぐ事が出来るからと言ってアフターピルを常用する事は体に悪いので絶対に辞めて下さい。
あくまでも最終手段だと思いアフターピルをご使用して下さい。

その他の薬を服用している場合

普段服用している薬がある場合は、必ず主治医に相談し、服用の許可をもらいましょう。服用している薬がなくても、喫煙者の場合は要注意です。アフターピルにかかわらず、ピルには血栓を作りやすくする副作用があります。
ごく稀なケースになるのですが、喫煙者や高血圧の人がピルを飲み死亡したという例もございます。
アフターピルの効果は、生理があるということが証明になります。
数日から三週間以内に生理がない場合や、生理予定日に生理が来ない場合にはアフターピルの効果がなかった可能性が高まります。
効果を確かめるために、妊娠検査薬で検査をし妊娠の有無を確かめる事も大切な事になります。
また、出血があっても普段の生理とは違い、出血の量が少なかった、1日2日で終わってしまったなど普段とは違うと思った時点でも、妊娠検査薬で検査をしたほうが賢明です。
どれだけ早く服用したとしてもアフターピルは必ず妊娠しない魔法の薬というわけではありません。
100%の確率でない以上、一度妊娠検査薬で検査をし妊娠の有無をたしかめることは大切です。

性行為をしてもアフターピルを服用すればいいと安易な発想からアフターピルを服用するのはやめてください。
上記でお話をしたように、あくまでも緊急時の最後の手段です。
強い副作用がでることもあり、心臓への負担や子宮筋腫・癌などの病気のリスクも高めますので、アフターピルの安全性や効果、副作用をしっかりと理解したうえでご使用して下さい。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルの効果

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.