アフターピルの効果

避妊失敗率を上げる!?アフターピルの間違った服用方法

投稿日:

アフターピルの間違った服用方法
アフターピルは緊急避妊薬とも言われる中用量のピルで、その名前の通り性交後のタイミングで緊急に飲みます。そうすることで、妊娠を回避するための薬です。
避妊の方法にはコンドームやIUD、低用量ピルなどいくつかの種類があり、日本ではコンドームが一般的となっています。しかし、コンドームは性感染症の予防に効果がありながら手軽に購入できるというメリットがある反面、他の避妊方法と比べると失敗率が高いというデメリットもあります。

多くの人はコンドームを付けていれば100%妊娠はしないと思っているかもしれませんが、失敗率は3~14%で確実な方法とはいえません。避妊に失敗して泣くのは女性ですから、正しい服用方法を知っておく必要があります。そして、その失敗にはアフターピルの間違った飲み方が大きく関係していることも考えられます。

確実な避妊法とは

妊娠を望まないのであれば、性交渉をするときには避妊を行う必要があります。日本ではまだ一般的ではありませんが、低用量ピルを正しく服用すればほぼ確実に妊娠を阻止できます。この方法は、欧米の女性の間ではもっともポピュラーな避妊法となっています。

ピルというと副作用が心配だと思っている人も多いかもしれませんが、低用量ピルに含まれている女性ホルモンの量は少なく、急激に増えることは無いため、重篤な副作用が現れることはほとんどありません。しかし、その症状には個人差がある上に、本来の体調なども影響してくる場合もありますので、注意はしておくようにしましょう。

また毎日決まった時間に飲み続けることが条件になりますが、それを守ればほぼ100%妊娠しません。避妊成功率が高い、おすすめの避妊法です。

避妊失敗の原因

低用量ピルを決まった時間に飲んでいるイメージ
きちんとコンドームを使用したのに避妊失敗したという人は意外と多く、その原因には正しい使い方をしていなかったというのがほとんどです。男性の精液というのは射精した時にだけでているのではなく、それ以前にも流出していますから、射精直前にコンドームを付けただけでは意味がありません。

または破れていたり、中でずれてしまったなど、正しく装着していないためにその効果を十分に得られないケースも多いのです。避妊効果がとても高い低用量ピルですが、これは正しく服用したときに得られる効果です。

正しい服用方法は、生理初日から1錠を服用することを毎日続けます。21日間、それも毎日決まった時間に飲み続けた後、7日間は服用を休みます。この3つを守れば基本的にピルの効果は高くあらわれます。

こういった服用方法を間違えてしまった時に、なるべく早くアフターピルを飲めば妊娠を阻止する可能性を高めることができます。

救世主であるアフターピルの注意点

アフターピルを時間制限があるイメージ
避妊に失敗してしまった場合、女性は不安で仕方がないと思います。アフターピルは、性行為後に飲むピルで、まず2錠もしくは1錠を72時間以内に服用します。それから12時間後に2錠もしくは1錠服用するヤッペ法が一番オーソドックスな方法です。

ただこの方法は2回目の服用のタイミングを逃して、そのまま飲み忘れてしまう人が多いのも事実です。そのことが原因で避妊効果を得られないケースもあります。また、性交渉後72時間以内に飲めばいいと思い、時間ギリギリに服用する人もいます。
しかし72時間ギリギリで服用した場合、避妊率は時間の経過とともに高くなってしまうので、避妊失敗する確率も高くなってしまいます。

そのほかにも、避妊に成功したかどうか確認できる前に性交渉を繰り返してしまったことで、どのタイミングで避妊出来ていて失敗してしまっているかも分かりません。ピルを服用したからといって、完全に安心はできないでしょう。

アフターピルの種類

アフターピルはヤッペ法とノルレボの2種類に分けられます。ヤッペ法は、費用が安いというメリットがありますが、服用方法は72時間以内に1回目の服用をして、時間をおいて2回に分けて服用する必要があるため、飲み忘れてなどが原因で避妊を失敗する可能性があるというデメリットがあります。

一方ノルレボは2011年から国内の避妊薬として認定を受けているアフターピルで、費用が若干高いというデメリットはありますが、服用方法は72時間以内に1回服用するだけで、効果が出るため飲み忘れのリスクもないというメリットがあります。
アフターピルの種類によって服用方法は異なる上に、きちんと気をつけなければ避妊失敗してしまうことが考えられるので、正しい服用方法を知っておくことが大事です。

避妊失敗しないために必要な知識

アフターピルの知識をしっかり持つべき
コンドームや低用量ピル、IUDなど避妊法にはいくつかの方法があります。低用量ピルは、中でも高い避妊率を誇っていますが服用方法を間違えてしまうと、せっかくの避妊効果が半減もしくは無くなることにつながります。

また、その後のアフターピルも正しい服用方法をしないと妊娠を阻止することができなくなってしまうので、正しい知識を身につけておくことが自分の身を守るためには必要です。アフターピルは性交渉の度に使うものではなく、あくまでも緊急用に使用する避妊薬です。

低用量ピルとは違って急激にホルモンバランスを崩して妊娠を阻止する効果がある反面、強い副作用をもたらすこともありますから、女性の体にはかなりの負担をかけてしまいます。
ただ望まない妊娠を避けるためには、大変重要なピルとなりますから、常に携帯しておくと安心です。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルの効果

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.