アフターピルが売れている理由

避妊には低用量ピルとアフターピルの両方を持つと安心

更新日:

ピルの使い分け
パートナー、恋人とのセックスは身体も心も充実させるものです。お互いの愛を確かめ合うためのコミュケーションとして、とても大事なこと。しかし、思わぬ妊娠を避けるためにもきちんと避妊をしておくことは、とても大切なことです。
家族計画を立てるなり、結婚した後に子供を作ることを考えると、やはり避妊のことを真剣に受け止めて考えておくことが大事です。

その避妊法にはピルを使う方法がありますが、大きく2種類のピルに分けることができます。状況によって使い分けることができることを知っておくと、妊娠の不安なく恋人とのセックスを楽しむことができるでしょう。

低用量ピルで排卵抑制

避妊法の代表的な方法として挙げられるのがピルですが、毎日服用することで避妊が可能になります。最近では生理不順の改善や生理痛軽減の為に服用している人も少なくありません。多くの人が知っている、この方法は低用量ピルのことを指しています。

これはエストロゲンとプロゲステロンの類似ホルモンが含まれており、服用することによって脳の中では擬似的に妊娠したと勘違い状態になります。その結果、既に排卵も済んでいると認識されることで、排卵そのものが抑制されるのです。

子宮内膜の増殖抑制効果もある

子宮内膜増殖抑制効果がある
また合わせて、子宮内膜の増殖を抑え効果もります。子宮内膜は、月経のサイクルに合わせて子宮内で増えていきます。しかし妊娠をしなかった場合には、剥がれ落ちて血液とともに排出されます。いわゆる生理です。

この子宮内膜も抑制してくれる低用量ピルなのですが、時には治療用として使われることもあります。それは子宮内膜症の時です。子宮内膜は、子宮内ではなく外で形成されて増殖するケースがあります。これが、子宮内膜症と言われる病気なのですが、この時も生理とともに剥がれ落ちるのですが炎症を引き起こしたり、臓器に癒着するケースがあり激しい生理痛、腰痛を招いてしまいます。

本来エストロゲンの減少とともにプロゲステロンの分泌がふえていくのですが、低用量ピルによって一定量のエストロゲンの分泌が続いていると判断されて、プロゲステロンの分泌が抑えられることから子宮内膜の増殖抑制効果につながります。

緊急時のアフターピル

このように低用量ピルを飲むことにより、高い避妊効果を作ることができるので、予期せぬ妊娠はほぼ100%期待できるのです。しかし、唯一心配なことは、毎日必ず服用になければならないということです。1日1回は飲むことが必要で、2日空けてしまうと効果がなくなりますので、注意しましょう。

愛する人との行為は、何時求められてもおかしくはありません。また最近は恋人やパートナーだけでなく、他の人とのセックスということもあり得ることです。それは浮ついた気持ちであったり、強引に行為に及ばれるという避けられない場面に遭遇してしまうなどさまざまな原因があるでしょう。

恋人との行為の前にたまたま2日以上飲み忘れていたことや、突然のハプニング的な行為が待ち構えていたという時に、必要になるのが緊急的な避妊法です。相手がコンドームを利用してくれるのならまだしも、そうでないことを考えた時にアフターピルが心強い味方になってくれます。これは低用量ピルのように、毎日飲まなくても避妊することができるのです。

負担がかかるので副作用もある

ピル服用は負担がかかる
「だったら、初めから低用量ピルを毎日服用しなくても、いいじゃない?」と思われることでしょう。しかし、実際にはアフターピルは、最後の手段として服用されることがほとんどです。それは、あまりにも副作用が大きいことがあるからです。

服用後は腹痛、嘔吐感やめまいが起こりやすく、身体が辛くなるのです。アフターピルは低用量ピルとは異なり、高濃度の女性ホルモンを含んでいるピルです。アフターピルを飲むと急激にホルモンを変化させて、受精卵の着床する前に強制的に生理を起こさせるのです。そして急減なホルモンバランスが崩れることになるので、かなり身体に負担がかかってしまいます。

副作用には、吐き気や腹痛などがあります。しかも服用には時間的な制約があり、性行為後72時間以内でないと効果がないとされています。そのようなことからアフターピルは低用量ピルを飲み忘れたり、コンドームが破けたりした時の緊急的な避妊法として使うことが、目的だと理解している方が良いでしょう。

その後の避妊や生理周期調整

このようにアフターピルは緊急的なものなので、アフターピルで無事に避妊が出来たなら、普段通りに低用量ピルを毎日服用しながら、楽しいセックスライフを送ることを考えなければなりません。また低用量ピルは、生理の周期を調整することができます。生理の時期を早めたり、遅くすることができます。

服用するパターンを変えることで、そのタイミングを変えることができますので、それも彼との愛のタイミング考えながら、行うといいのかもしれません。しかしこれは低用量ピルを毎日、服用し続けていることが前提となりますので、やはり飲み忘れは気を付けなければならないことです。
しかし、避妊薬としてピルを用いるのであれば、普段からの低用量ピルと万が一の時のためのアフターピルの二段構えを考えておくことが大事なことだと思います。そうすることで、もし飲み忘れがあったとしても、アフターピルが最後の最後で救ってくれるはずです。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルが売れている理由

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.