アフターピルが売れている理由

アフターピルとしてノルレボが多く選ばれる訳

更新日:

ノルレボが選ばれる訳
アフターピルとは性行為後であっても、避妊することができる経口避妊薬で望まない妊娠を防ぐためには、効果的な薬といえます。低用量ピルとは違い、含まれている女性ホルモンの量が多いため急激に体内のホルモン量を増やします。人工的に子宮内膜をはがして生理とを引き起こすことで、妊娠を阻止することができます。日本ではまだ認知度の低い薬ですが、避妊に失敗して望まない妊娠をしないためにも携帯しておくと安心です。

アフターピルの種類

緊急避妊薬であるアフターピルには、ヤッペ法と言われるプラノバールとノルレボの2種類があります。プラノバールは性行為から72時間以内に2錠服用し、その後12時間後に2錠服用することで避妊効果を得ることができます。一方ノルレボは、72時間以内に1錠服用することで避妊効果を得ることができ、嘔吐や吐き気などの副作用が少ないという特徴をもっています。

緊急避妊薬というのは、その名前の通り避妊に失敗してしまった緊急時に服用する避妊薬ですから、急激なホルモンバランスの変化を伴い、体には大きな負担をかけてしまいます。以前主流となっていたプラノバールは中用量のピルで、もともとアフターピルとして開発されたものではないため、副作用が強いというデメリットがありました。
ノルレボは2011年に、国内で初めて認可されたアフターピルです。1回の服用で効果があり、副作用も少ないということから、現在では多くのクリニックで推奨されています。

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

卵胞ホルモンが副作用に影響している
ピルを服用する際につきものの副作用ですが、これは含まれている卵胞ホルモンが関係しています。以前は主流となっていたプラノバールは、中用量ピルですから、黄体ホルモンだけではなく卵胞ホルモンも含まれているため頭痛や吐き気、嘔吐などの強い副作用が現れることが少なくありません。

一方ノルレボには、副作用の原因となる卵胞ホルモンが含まれず、黄体ホルモンのみが含まれています。その為さまざまな副作用を抑えることができ、1回服用タイプとなっているので飲み忘れのリスクもありません。

プラノバールとノルレボの違い

ヤッペ法と呼ばれるプラノバールは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されているため、今までは緊急避妊薬として代用されていました。もともと緊急避妊薬として開発されていたわけではありませんから、摂取すると体内の女性ホルモンの量が多くなってしまい、副作用が強く現れてしまうというデメリットがありました。ただ、薬の値段は安く、5000円程度で購入できるのに対し、副作用の少ないノルレボは、15000円程度で、費用に大きな差が生じてしまいます。

ノルレボは黄体ホルモンのみが含まれている、緊急避妊薬として認可されている薬ですから、吐き気や嘔吐などの副作用も少なく、プラノバールよりも高い避妊効果を得ることができるというメリットがあります。どちらも婦人科やクリニックなどで処方してもらうことができるので、メリットやデメリットを考慮して、自分で選択してみるとよいでしょう。

緊急避妊薬の必要性

アフターピルの必要性
緊急避妊薬は服用することで受精卵の着床を防いで、人工的に生理を引き起こして、望まない妊娠を避けることができます。ただ、日常的に服用して効果を得る低用量ピルとは違い、体には大きな負担をかけることになりますから、あくまでも緊急時に服用し、何度も服用しないようにすることが大切です。

日本ではまだ低用量ピルを使った避妊方法が一般的ではなく、避妊というとコンドームが一般的です。コンドームを使用していても破損していたり、破れていたために避妊に失敗することもありますし、男性側がコンドームを装着するのを嫌がったため、避妊をせずに性交渉をしてしまったというケースも少なくありません。
そのため望まない妊娠をしてしまい、中絶手術を受けざるを得ないケースも、残念ながら少なくありません。中絶手術は、女性にとって体だけではなく精神的にも大きな負担をかける行為です。
最悪の場合、その後のに妊娠が望めなくなってしまう場合もありますから、妊娠を望まないのであれば、きちんと自分で身を守ることが大切です。

なるべく早く飲むこと、それが高い避妊効果を得るコツ

緊急避妊薬は、避妊に失敗した性交後、72時間以内に服用することで妊娠を阻止することができます。この72時間というのは、受精から着床までにかかるといわれる7日間よりも前に子宮内膜をはがす必要があるため、72時間となっていますが、より効果を高めるためにはできるだけ早く服用することが大切です。
ホルモンの投与が早いほど、効果は高くなりますから、性交後すぐに飲むのがベストです。そのため、妊娠を望まないのであれば、常に緊急避妊薬を携帯しておくと安心です。

緊急避妊薬は、病院でも処方してもらえますが、病院へ行く時間がない人や、より費用を安く抑えたいという場合には、通販でも購入することができますから、緊急用に購入しておくことをおすすめします。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルが売れている理由

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.