アフターピルの知識

アフターピルの服用で起こる出血

更新日:

アフターピル服用後の不正出血

アフターピルを使用することで性行為を行った後でも避妊が可能になりますが、使用することで何もデメリットが無いわけではありません。
アフターピルを使用することにより色々な副作用が生じる可能性がありますし、強制的にホルモンバランスを崩し着床も防ぐことになるわけですので、アフターピル特有の不正出血と呼ばれる出血も起きることが確認されています。
この不正出血はアフターピルを使用する上では避けて通れないものですので、何故出血が起こるのかを理解しておかなければ出血によるパニックに陥ることも考えられます。

アフターピル服用後の不正出血

アフターピルの服用で不正出血

基本的にアフターピルで起こる不正出血は、子宮内膜が剥がれ落ちることでおきるということが分かっています。
これはアフターピルの主成分である黄体ホルモンが作用することで体内の卵胞ホルモンが減少するために引き起こされます。
体内で卵胞ホルモンが減少すると何が起きるのかといえば、子宮内の子宮内膜が剥がれ落ちやすくなります。

不正出血の正体は消退出血

この際に子宮内膜が剥がれ落ちることで出血するため、それがアフターピルの消退出血と呼ばれる出血になるわけです。
子宮内膜を強制的に剥がれ落ちやすくすることで性行為後の着床を防ぐことが出来るとも言えますので、消退出血が起きなければ精子が卵子に受精して子宮内膜に着床してしまうことになります。
そうなると妊娠という状況を回避できないわけですので、消退出血がおきるのは必然的なものであると理解する必要があります。
この消退出血と呼ばれる出血は毎月起きる生理と同じ原理で起こるものとなっており、生理の場合もホルモンバランスの変化により定期的に子宮内膜が剥がれ落ちることで出血しますので、アフターピルを使用した際の消退出血に関してはそれほど重大なものではないと考えて良いでしょう。

消退出血の期間

消退出血が続く期間としてはアフターピルを使用してから3日~数週間以内に起きることが分かっており、期間的には3~7日程度続くことになります。
もし生理の周期と重なっていた場合には消退出血も生理の終了とともに終わりますが、もし生理の周期とずれていた場合には消退出血が起きた後に生理がまた起きるということもあります。
基本的には生理と同等程度の期間で消退出血は終了しますし、出血量もそれほど大量に出血するわけではないので生理と同じように対処すると良いでしょう。
この消退出血が起きた場合には避妊に成功しているという証拠となりますので、出血が起きた場合にはアフターピルが効いたと考えて良いでしょう。
人によってこの消退出血が起きるまでの時間が異なりますので、すぐに出血が起きる場合と数週間経って起きる場合があります。
ただし3週間を超えても出血が起きない場合には、避妊に失敗している可能性が極めて高くなるのであまりにも出血が起きない際には医療機関で検査する必要があります。
それと生理が終わったばかりの段階でアフターピルを使用した場合も消退出血が起きないことがあるので、その場合も念のために医療機関で検査してもらったほうが良いでしょう。

アフターピルの服用で起こる様々な出血

アフターピル服用で様々は出血

アフターピルの使用により引き起こされる出血は消退出血だけではなく、それ以外の不正出血が起きる場合もあります。
これはアフターピルを使用することにより子宮内の環境が変わるために起きるもので、排卵出血呼ばれるものがあります。
さらにはアフターピルの服用がきっかけになった出血なのか、それとも違う病気で起こった出血なのか原因が特定できない場合もあります。

子宮内環境が変わって起こる排卵出血

排卵出血は卵子が排卵される際に子宮内膜の毛細血管が切れて少量の出血が起きることがある出血で、それほど多くの出血量ではないので心配する必要はありません。
しかしアフターピルの服用後にこの排卵出血が起きた場合には、消退出血なのかどうかの判断が出来ないことが多いのも事実です。
アフターピルによる消退出血なのか、それとも排卵による排卵出血なのかを正しく見極めることが出来ない場合には、排卵出血を消退出血と勘違いしてしまうこともあります。
そのためもしどちらの出血なのかを判断できない場合には医療機関で検査してもらうほうが安全だと言えます。

アフターピル服用後の原因不明な出血

これ以外にもアフターピルを使用することで別の出血が起きることもあり、特に注意が必要となるのはあまりにも早すぎる出血が確認された場合です。
通常はアフターピルを使用した場合3日程度は出血が起きずその後子宮内膜の剥がれにより出血することになります。
しかしアフターピルを使用して3日以内に出血した場合には、子宮内膜の剥がれによる消退出血では無く別の原因による出血を疑う必要も出てきます。
何故なら3日以内に出血した場合にはまず子宮内膜の剥がれは起きていないと考えるのが妥当であり、それ以外の別の問題が体内で生じている可能性が極めて高くなるためです。3日以内の出血を確認した場合に考えられるのは子宮におきる別の病気や子宮外妊娠などが考えられます。
それ以外にもアフターピル自体が体に合わないため出血する場合や、ホルモンバランスが大幅に乱れてしまいそれにより出血が早い段階で起きるということも考えられます。
どの場合でもあまりに早すぎる出血は別の病気などが原因となっている可能性が否定できませんので、すぐに医療機関での確認をするようにしましょう。
それとアフターピルを使用した後に消退出血が正しく起きて、その出血がなかなか治まらない場合にも別の何かが出血に関与している可能性が出てきます。
通常は1週間程度で出血が治まるはずですので、それが2週間経っても治まらないといった場合には、アフターピルが引き金となって別の原因での出血が続いている可能性も出てきます。

このようにアフターピルを使用することにより消退出血以外の出血も起きることがありますし、それを消退出血と勘違いして放置しておくと重篤な症状になる恐れも出てきます。そのためアフターピルを使用した場合に起きる出血期間や出血までの時間などを正しく知っておき、もしその期間以上の出血や早すぎる出血が起きた場合には速やかに医師の診察と検査を受けたい書することが重要となります。
アフターピルが体に合わない場合にも医師の判断を仰ぐほうがより安全にアフターピルを使用することが出来るでしょう。
自分の勝手な判断だけで使用するのではなく、医師と相談をしてからインターネットの通販でアフターピルを購入すれば、より安全に服用出来るでしょう!

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルの知識

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.