アフターピルの知識 低用量ピルの知識

旅行には低用量ピルとアフターピルを両方持って行こう!

投稿日:

旅行にひとりで行く女性が増えているそうです。
その背景には女性の平均初婚年齢や未婚率の上昇などが背景にあると考えられます。

ひとり旅は「ひとりの時間」が持て、いつでもどこでも自分の好きなように行動できるので、それがひとりの時間を大切にする女性たちにとって魅力なのでしょう。

その一方で、女性のひとり旅は危険がいっぱいです。
レイプ被害に遭う可能性も十分あるでしょう。
いざという時の避妊対策として、低用量ピルとアフターピルを両方持っておくことをおススメします。

女性は男性よりも海外旅行に行っている

女性は男性よりも海外旅行に行っている

若者旅行振興研究会が平成 22 年 7 月~23 年 6 月に行った調査によると、1年の間に海外旅行に行った人の割合は男性で29.8%、女性で43.9%でした。

法務省の「出入国管理統計統計表」によると、2015年に出国した20代日本人は女性が150万人、男性が100万人と、圧倒的に女性の出国者が多いのがわかります。

最近では女性のおひとり様用の旅行プランを提供している旅行会社も増えており、ライフスタイルが多様化されている中、プライベートを重視する女性が増えていることで、海外旅行を趣味とする女性が多くなっているのでしょう。

女性の一人旅は危険

女性がひとりで旅に出ることが増えていますが、世界には日本では滅多にないような事件が次々と起こっています。

外務省が2016年に発表した「2015 年(平成 27 年)海外邦人援護統計」によると、2015年で海外にて擁護された日本人20,387人のうち、犯罪被害者が5,065人、さらにそのうちの強かん・強制わいせつの被害に遭った日本人は34人となっています。

レイプ被害は日本より海外の方がずっと被害に遭う確率が高いのですが、最近は日本でもレイプなどの性犯罪が多発しています。

楽しくなるはずの旅行が悲惨な事態にならないように、女性自身がしっかり注意している必要があります。

低用量ピルとアフターピルを持っていこう

低用量ピルとアフターピルを持っていこう

旅行先でレイプなどの性犯罪に巻き込まれると、最悪の場合望まない妊娠をしてしまい辛く悲しい思いをしてしまうでしょう。

女性ひとりの旅行で加害者から自分の身を守ることがもちろん一番大切ですが、もし被害に遭ってしまっても妊娠だけは避けられるように、低用量ピルとアフターピルを持参することをおススメします。

低用量ピル(OC)

低用量ピルとは、主に2つの女性ホルモンを配合している錠剤を指します。
毎日1錠飲むことで99.7%の確率で妊娠を回避することができるのです。

女性自身で行う避妊方法で避妊成功率も高いため、望まない妊娠から自らを守るには最適な方法です。

低用量ピルは様々な製薬会社から開発・販売されており、種類が豊富にあります。

避妊効果以外にも、旅行の日程と生理日が被って欲しくない時に生理の日を調整する際にも役立ちます。

アフターピル(EC)

アフターピルは低用量ピルと比較してホルモンの含有量が多いために「高用量ピル」とも呼ばれています。
アフターピルは何らかの理由で避妊に失敗したセックスの後に飲む緊急避妊薬です。

性交渉から72時間以内に飲むのが通常で、72時間以内だと95%程度の確率で妊娠を防ぐことができます。

アフターピルを旅行に持っていくメリット

ピルの中でも特にアフターピルは、レイプ被害に遭った時にすぐ手元に持っていると非常に便利です。

ピルがない状態でレイプ被害に遭っても現地の病院を受診することも可能ですが、それだと手続きに時間がかかったり、高い医療費を払うハメになるでしょう。

アフターピルを事前に入手して旅行に持っていくことは、いざという時に時間とお金の節約になるのです。

旅行用に低用量ピルとアフターピルを入手する方法

旅行用に低用量ピルとアフターピルを入手する方法

旅行前に低用量ピルとアフターピルを準備しておきたいと思って病院を受診しても、自分の希望通りに処方してもらえないかもしれません。

低用量ピルは処方してもらったとしても、アフターピルは実際に避妊に失敗した後でないと処方されないのです。
また、まとめ買いも病院ではできません。

ではどのようにして購入するのが良いのでしょうか。
答えは「通販サイト」です。

通販サイトでは低用量ピルもアフターピルも手に入り、病院処方よりもかなり安い価格で購入可能です。
さらにまとめ買いで割引が適用されることが多いので、もっとお得に購入できるでしょう。

旅行先でピルを服用する際の注意点

旅行先でピルを服用する際の注意点

低用量ピルは服用開始してすぐに避妊効果が得られるわけではありません。
服用開始から最低でも7日経過している必要があるため、旅行の1週間前には服用を始めておきましょう

低用量ピルもアフターピルも、1シートずつでは飲み忘れや紛失などが起こったときに予備がなくなると避妊効果が得られません。
予備のシートを準備して使用しているシートとは別の場所に大切に保管しておくと良いでしょう

なお、アフターピルは避妊に失敗したセックスから72時間以内に飲むようにといわれていますが、飲むまでの時間が早ければ早いほど避妊成功率が高くなるのです。
旅先でレイプ被害に遭ってしまったら、すぐにアフターピルを飲めるように備えておくことをお勧めします。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-アフターピルの知識, 低用量ピルの知識
-, , ,

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.