低用量ピルの効果

知って得する低用量ピルの避妊効果と安全性

投稿日:

低用量ピルの安全性

女性が避妊を行う際に使用する避妊薬の低用量ピルですが、使用する上で必ず湧いてくるのは本当に避妊効果があるのかどうかといった疑問でしょう。
それと同時に男性用のコンドームがあるから無理に低用量ピルを使わなくても良いのではないかと考える人もいると思いますし、そもそも低用量ピルの安全性に問題はないのか、通販などで購入できる低用量ピルの安全性はどうなのかといったことも気になるのではないかと思います。
そのため低用量ピルを使用する前にそういった疑問を全て払拭しておくことが需要ですし、疑問を払拭することで初めて安心して低用量ピルを使用することが出来ると考えておくほうが良いでしょう。
備えあれば憂いなしということわざもあるように、何事にもまず備えを行い安全に使用できる環境を整えておくことが重要となります。

低用量ピルの避妊効果ってあるの?

低用量ピルの避妊効果

低用量ピルを使用した場合の避妊に関しては、とても高い避妊の効果が得られることになります。
これはコンドームの避妊率と比べた場合でも低用量ピルのほうが避妊できる確率が高くなっており、正しく使用すればほぼ100%での避妊が可能になると言えます。
これは低用量ピルを使用して避妊を行う場合には、ピルに含まれている成分が体内の環境を大きく変えることにより避妊効果を生み出すためです。
低用量ピルの成分は体内で分泌されている黄体ホルモンという女性ホルモンと同じもので構成されているため、服用をすることでホルモンのバランスを調整することが可能になります。
このホルモンの調整により妊娠しづらい環境を体内に構築することが可能になるため、科学的に考えても利にかなった方法で避妊が行えるわけです。
通常女性の体内では生理が起こることにより定期的に子供を妊娠しやすい状態を整えていることになります。
生理が起こることで古くなった子宮内膜を新しいものに交換するといった作業を行っているわけで、いわば受精卵が着床しやすい場所を整えているわけです。
それと同時に卵胞ホルモンというホルモンが優位になることで卵子の排卵を促しやすくなり、精子との結びつきも行いやすい状態になります。
しかし低用量ピルを使用すると卵胞ホルモンと対を成している黄体ホルモンの量を増やすことになり、黄体ホルモンが体内で増加することで卵子の排卵を抑制し子宮内膜の増殖も抑える働きが生まれます。
卵子を排卵させなくするため精子が子宮内に侵入しても受精することが出来なくなりますし、もし仮に受精が出来た場合でも子宮内膜が不完全な状態なので着床も防ぐことが可能になるわけです。
この2つの効果により低用量ピルを使用した場合には高い避妊率での避妊を行うことが出来ます。

低用量ピルとコンドームの違い

低用量ピルとコンドームの違い

避妊を行うことを考えた場合には、おそらくほとんどの人がコンドームを使用することを考えるでしょう。
ではコンドームと低用量ピルの違いは一体何なのかといえば、コンドームは男性用の避妊具であり物理的に避妊を行うものであるのに対し、低用量ピルは女性用の避妊薬であり物理的ではなく薬の効果によって避妊を促すものであるという違いがあります。
コンドームの場合男性のペニスに装着することで精子を射精した場合に子宮内に持ち込ませないようにシャットアウトできる避妊具ですので、低用量ピルのように薬を飲んで避妊を行うというものとは全く異なる避妊具だと言えます。
コンドームの場合使うのが簡単で何処でも入手できるため日本では利用率が非常に高いと言えますが、その避妊率は95%程度となっているため正しく使用した場合でも妊娠する確率が5%程度あると考えなければいけません。
これはコンドームが物理的に避妊をするものであることが関係しており、コンドームを正しく装着していた場合でも子宮内で外れてしまう場合や、SEX中に破れてしまうといったトラブルがあるためです。それとコンドームを製造する段階で不良品が紛れ込む場合もあり、製品チェックは行っていますが不良品をゼロにすることは難しく、不良品を使用してしまい妊娠したというケースもあります。
そのためどれだけ精度が高く品質の良いコンドームでも避妊率を100%にすることは出来ないわけです。
しかし低用量ピルの場合はホルモンバランスを調整することにより避妊を行うわけなので、物理的に避妊を行うコンドームに比べてその避妊率が高く、正しく使用していればほぼ100%の避妊を可能にしてくれます。
コンドームと併用することでさらに避妊率を100%に限りなく近づけることが出来ますのでピルとコンドームの違いを理解しどちらも使用するのが望ましいと言えます。

低用量ピル通販の安全性

低用量ピルを通販で購入する安全性

低用量ピルは薬局では販売されていないため、使用する際には必ず医療機関を受診し医師の処方で入手する必要があります。
そのためどうしても費用負担が大きくなることが考えられますので、継続的に使用するのが困難という人も少なくないと言えます。
しかし海外では低用量ピルは簡単に入手できる避妊薬なので、近年では通販を利用して海外から輸入をして使用する人も増えています。
では通販で入手した低用量ピルの安全性はどうなのかといえば、個人輸入代行を行っている大手の企業を利用して輸入した場合は偽物を掴まされることはほぼないと言えますので安全性に関してはそれほど問題ないと考えて良いでしょう。
しかし自分で輸入をする場合や大手ではない聞いたことも無い業者を利用して低用量ピルを入手する場合には偽物を掴まされる可能性が高くなるため安全性に問題が生じる可能性もあります。
それと本物の低用量ピルを通販で購入して使用する場合には、医療機関で入手したのとは異なり全て自己責任で使用する必要があります。
医療機関の場合は処方箋があるためトラブルが合った場合でも迅速に対処してもらえますが、通販の場合は自己責任で使用するしか方法がありませんし、何かトラブルがあった場合でもその責任も自分で取らなければいけません。
海外でごく一般的に使用されていたとしても、医師の処方ではないという時点でリスクがあるということを理解しておかなければいけないでしょう。
その事を理解していれば、海外医薬品の個人輸入代行通販サイトで低用量ピルを購入しても問題なくご使用できるでしょう。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低用量ピルの効果

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.