低用量ピルの効果

低用量ピルの効果はいつから?

更新日:

低用量ピルの効果はいつから?

低用量ピルは飲み方を知ることがとても重要です。
低用量ピルを使い始める時期でも効果が現れるのが異なる場合もあり、飲み方でも効果に差が生まれます。
生理が定期的に来る人であれば特に問題は起きないと言えますが、そうでない人や生理の周期を自分で調整したい場合は、低用量ピルの使い方にも注意をすることを求められます。

ピルを使い始める三つの飲み方

ピルを使い始める3つの服用方法

低用量ピルを使う時には、飲み方によってその効果が始まるタイミングが違ってきますし、生理が週末という時期に被らないようにしたい場合にはそれに合わせた飲み方が必要です。
現在低用量ピルを使う場合には大きく分けて3つの飲み方があり、それぞれにメリットとデメリットが存在しています。
どの方法を用いても低用量ピルによる避妊の効果はあるわけですが、飲み方が全く異なりますので自分に合った飲み方はどれなのかを正しく知り服用することが重要なポイントとなります。
ピル初心者や、ピルの服用に慣れている人も飲み方を熟知する必要があると考えられますので、3つの飲み方で何に違いが出るのかを知りましょう。

生理初日から飲むデイワンスタート

低用量ピルDAY1スタート

最も基本となる低用量ピルの飲み方となるのがデイワンと呼ばれる使い方です。
このデイワンスタートという方法は生理になった初日に低用量ピルを使い始める使用方法となっており、生理の開始と同時に使い始めるためピルの服用をする場合に失敗が少ない方法です。
ピルを初めて使う人はこの方法が最も安定してピルの効果が感じられ、生理初日に使い始めるため生理の周期にあわせてピルの効果を感じることが可能になるわけです。
それと同時に生理になった初日に使うことで飲んだその日からピルの効果を確認できるという利点もあり、最も長くピルの恩恵を受けることができるのもデイワンスタートの利点だといえるでしょう。
この場合生理が始まってから丸一日(24h)が過ぎてしまう前に服用することが絶対条件であり、それを過ぎてから飲んだ場合にはデイワンスタートのメリットであるその日からの効果を得られなくなります。
そのため自分の生理周期を正しく把握しておく必要がありますし、生理不順といった不定期で生理が訪れる人の場合は初日に飲み始めるのが難しいことも起こり得ます。
それと生理の開始が平日だと、ピルの使用も常に平日開始という周期が変わらないため管理が難しくなりピルの飲み忘れが多くなる可能性も考えられます。
そのため自分でピルを服用することをきちんと管理できる人に向いている飲み方だと言えます。
管理が不十分な場合には、ピルの効き目にも影響しせっかく処方されたピルを無駄にします。
デイワンで低用量ピルを使おうと考えるのであれば、自分の生理の管理や状態の確認も大事です。

生理初日から服用出来なかったらクイックスタート

低用量ピルクイックスタート

生理初日にやむ負えない理由で低用量ピルを服用できなかったという事態も数多く考えられます。
例えば旅行中に生理が始まったとか、仕事の出張中に生理が開始されたという不測の事態の場合、デイワンによる規則正しいピルの利用が難しいということも考えられます。
その場合にはクイックスタートで低用量ピルの利用を始めるとピルの効き目を得ることが可能となります。
クイックスタートとは生理初日にピルを服用できなかった場合に2日後以降であればいつでも服用を開始しても良い飲み方で、生理の開始がいつなのかを気にしなくても問題がありません。
そのため気分的にもワンデイに比べると楽であり自由度が高い飲み方だと言えます。
初日に使っていない場合はピルの効き目が出るのは1週間を超えた後となるので、飲んですぐに効果が現れるわけではないということがデイワンスタートとの大きな違いとなります。
しかしいつでもピルを飲み始められるという点においてはデイワンスタートに比べて縛りが弱く自由度が高いといえるでしょう。
生理が規則正しく始まらない生理不順の場合はこのクイックスタートのほうがピルを利用しやすいので、生理の周期が確定できないケースではクイック方式でピルを使用するのがおすすめです。
ただしこの使い方の場合には、生理2~7日経過するまでに使い始めなければいけないという決まりがあり、何故なら8日目を越えるとその時点でその生理の周期ではピルの効果を発揮できなくなるからです。
クイックスタートは開始日に縛られない代わりに、飲み始めるまでの期間が遅すぎるのもダメという条件があるのでその点にも注意をしましょう。

生理が始まった日曜日に服用するサンデースタート

低用量ピルsandayスタート

デイワンの場合は生理になったのに合わせてピルを使うことになりますし、クイックの場合も平日に飲むのを始めるケースが多いと言えます。
そのため飲み忘れや週末の大事な日に運悪く生理が重なるといったトラブルが起こりやすくなるというデメリットもあり、出来るだけ週末に生理を重ねたくない人には不向きな方法と言えます。
特に生理周期が常に平日スタートの人の場合は週末に生理日が被りやすくなるためいつも週末は生理で大事なイベントなどへの参加に支障が出るということも少なくないでしょう。
サンデースタートは週末という重要な時に生理が重なるのを回避することが可能な服用方法で、生理が開始されたその週の日曜照準を合わせピルを使い始めることで、生理の期を整え週末に生理が被らなくすることが出来ます。
何故サンデースタートの場合週末に生理が起こらなくできるのかといえば、ピルを服用している間は含まれている成分の影響で生理を引き起こす卵胞ホルモンの活動を阻害することが出来ます。
ピルと言うのは1シートで飲む錠剤の数が決まっているので、日曜日にスタートした場合薬を飲み終えることで生理を常に平日に固定できます。
そのサイクルを維持し続ければ生理期間を月~金の間にすることが任意で行うことが出来るわけでです。
生理が長くても1週間以内には出血は終わりますから、週末に当たる土日には生理の心配が無い状態を維持することが可能になるわけです。
気を付ける必要があるのは生理の起きた週の日曜にスタートをするため、ピルの効き目が出るのは1週間を経過した後となるので、その間の性行為には注意をしなくてはいけません。
この点に関してはクイックスタートと同様ですので、1週間の間はコンドームを利用といった対策をしっかりと行わなければ妊娠するリスクが高くなります。
それとサンデースタートは日曜スタートで規則正しい使い方なのでピルの管理も他の方法に比べて楽に行え、日曜日がスタートなので飲み忘れも少なくなり週の開始と合わせて使用することが出来る点はこの方法だけの利点といえます。
このように飲み方が違えば効果が出るまでの時間も異なりますし、どの方法を用いた場合でも一定の効果を得られる点においては安心して飲むことが出来る方法だと考えて良いと言えます。
しかし誤った服用や適当な使い方をしているようでは本来のピルの効果を感じることが出来なくなりますし、それによって避妊失敗という結果を引き起こす危険も極めて高くなるので、それぞれの使い方の特徴や特性、使うことの意味を考えてピルを利用する心がけが必要です。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低用量ピルの効果

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.