低用量ピルの効果

なんとなく鬱っぽいのはPMDDかも?低用量ピルで対処

投稿日:

女性の身体は生理前になるとホルモンバランスの関係でさまざまな変化が訪れます。
胸が張ったりおりものが増えるなどの身体的な変化はもちろん、無性にイライラしたり訳もなく泣きたくなるといった精神的な症状に悩む方も多いのではないでしょうか。

これらの変化はPMS(月経前症候群)と呼ばれており、生理の3~10日前から症状が現れます。
PMSが起こらない女性もいるのですが、生理がある女性の9割がPMSを経験していると言われているのです。

PMSの中でも、生理前になるとひどい鬱状態に陥るといった精神的な症状が強い場合は、PMDD(月経前不快気分障害)と呼ばれるようです。
鬱や不安が大きくなりすぎて、食欲不振や過食、睡眠障害に陥る女性もいるのです。
PMSを経験している女性の5%がこのPMDDに悩んでいると言われていますが、その認知度はまだまだ低いと言えます。

PMDDの原因

PMDDの原因

PMSは黄体ホルモンの分泌量が増える時期に症状が現れ、黄体ホルモンが減少する月経期に消えていくため、黄体ホルモンが影響していると考えられていますが、PMSもPDSSも実際のところ原因は詳しく解明されていません。

ホルモンバランスの変化に加え、性格やもともとの精神状態、普段の生活習慣、人間関係など複合的な要因で起こってしまうものである可能性が高いでしょう。

PMDDとうつ病の違い

PMDDもうつ病も、やる気が出なかったり鬱状態に陥ることが症状として現れますが、PMDDはあくまで生理前のみ現れるものです。

生理前に限らず同じような鬱状態が常時続く場合は、PMDDではなくうつ病の疑いがあるでしょう。

PMDDの治療法

PMDDの治療法

PMDDはPMSとは違って精神的な症状が強いため、心療内科や精神科の医師に相談すると良いでしょう。

いくら生理前のみの症状だからとはいえ、自己診断でPMDDと判断するのは難しいため、生理周期や生理日数、前回の生理開始日などの情報を以って受診することをオススメします。

治療には抗うつ剤や漢方薬といったものが用いられます。

抗うつ剤はセロトニンの分泌量を増やすために、月経が始める2週間前~生理が始まる頃まで服用します。
漢方薬は効果が発揮されるまでに時間がかかるため、長期間の服用が予想されます。

薬物治療以外では、運動する習慣を身につけたり食事内容を見直すこともオススメです。

運動は激しいものではなく、エアロビクスやスクワットといったリズム運動がセロトニンを増加させると言われています。

普段栄養をあまり摂っていない方やファストフードなど手軽な食事ばかりしている方は、栄養バランスのとれた食事内容にすることで気分が変わるかもしれません。

また、太陽の光を積極的に浴びることで、セロトニンの分泌量が増加し、うつ状態を解消することができます。

低用量ピルでPMDDを治療

低用量ピル

低用量ピルは女性ホルモンを体内に取り入れることで排卵を抑制するお薬です。
排卵が止まるとホルモンバランスが大きく変化しないため、PMSやPMDDの症状が改善されます。

PMDDの治療で低用量ピルを用いる場合には、産婦人科を受診しましょう。

PMDDはまだまだ認知度の低い症状ですので、名前を言っても医師が知らないこともあるかもしれません。
PMDDで低用量ピルが欲しい時には、どのような症状なのかできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

通販サイトなら低用量ピルの入手が簡単

低用量ピル通販

低用量ピルは主に産婦人科で処方されるものですが、すべての産婦人科が低用量ピルを扱っているとは限りません。

低用量ピルを処方してくれる産婦人科であっても、毎月もらいに受診する必要があるのです。

そのような手間を省くために、海外医薬品を販売している通販サイトで低用量ピルを買うことをオススメします。

病院処方の低用量ピルよりも低価格ですし、まとめ買いが可能なのでこまめに買う手間がかかりません。

通販サイトで薬を買うことに不安を覚える方も多いのですが、正規品保証をしている安全なサイトを利用すれば、安心して低用量ピルが入手できるでしょう。

PMDDを見逃さないために

PMDDを見逃さないために

PMDDは生理前だけ起こる症状ですが、PMSよりも重い精神症状を引き起こすため、放っておくと不眠症や食欲不振などに繋がる恐れがあります。

辛い精神症状を我慢せずに、医師にありのままの症状伝え、適切な治療を受けることをオススメします。

低用量ピルは避妊目的や美容目的などでたくさんの女性が飲んでいる薬で、生理前の辛い症状を抑えるには気軽に始められるものです。

PMDDが疑われる方は、低用量ピルのような治療法をぜひ検討してみてください。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低用量ピルの効果
-, , ,

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.