低用量ピルの効果

低用量ピルのよくある悩み

更新日:

低用量ピルのよくある悩み

低用量ピルを使用する場合には、やはり正しい方法で服用することがとても大事なことだと言えます。
何故なら誤った使用方法では効果が出ないことがありますし、それによるトラブルも起きてしまう可能性があるためです。
低用量ピルを使う場合には必ず正しい使いかとはどういったことなのか、飲む場合の注意点は?といった悩みも出てきますし、何が正しい飲み方なのかも良く分からないまま使い始めてしまうこともあるでしょう。
特に何で飲めばいいのかや他の薬との関係性、お酒との相性などは日常生活にも関わってくることですので知っておくほうが良いと言えます。

低用量ピルを服用する時はお水じゃないとダメ?

低用量ピルは水で服用

まず低用量ピルを飲む場合の悩みとして最も多いといえるのが、何を使って飲めばいいのかと言うことでしょう。
基本的に低用量ピルは薬ですので服用する場合には水や白湯といったもので飲むのが正しい飲み方だと言えます。
では水以外のもので飲むのはNGなのかといえば、他の薬と違い低用量ピルに関してはお茶などで飲んでも効果に差が出ることはありません。
これは低用量ピルが長年の研究により何で飲んでも効果を得られるようにしてあるためで、水以外の飲料で飲んでも効き目を得ることは可能となっています。
そのため牛乳やジュースといったもので飲んだ場合でも変わらぬ効果を発揮してくれます。
水などの飲料が無い場合でもそのまま飲めば低用量ピルの効果はありますので、水が無い場合には他のものを代用するということは特に問題にならないでしょう。
ただし注意が必要となるのはジュースの中でもグレープフルーツが含まれているジュースに関してはトラブルが起きる可能性があります。
これはグレープフルーツに含まれている成分が関係しており、ピルを飲む際にグレープフルーツの成分が体への効き目を強くしてしまうことがあります。
効き目が強くなるのなら避妊の効果もアップして良いのでは?と感じる人もいるかもしれませんが、決められた効き目よりも強く効果が出るということは、薬の効果とともに副作用が出る可能性も高くなるということです。
ピルの場合副作用が出にくい薬ですので水やお茶で飲んでいる場合は大丈夫ですが、グレープフルーツの成分に関しては大きなトラブルを引き起こすことが考えられるので避けたほうが良いでしょう。
ジュースだけでなく食べ物などもグレープフルーツの成分が入っていれば同じことになるので、安全性を考えるのであればやはり水や白湯といった通常の薬の飲み方で使用するほうが良いでしょう。

他の薬を飲んでいても低用量ピルを服用しても大丈夫?

低用量ピルは他の薬と併用してもいいの?

低用量ピルを使用している最中に病気になった場合、処方された薬を飲むことになる場合もあるでしょう。
その場合ピルとの併用に問題はあるのでしょうか。
一般的には薬には飲み合わせというものがあり、薬同士の相性が悪ければ体に悪影響が出る場合や薬による薬害が起こることも考えられます。
ピルも医師の処方が必要となる薬ですので他の薬を飲んでいる場合に併用すると効き目などに影響するということも考えられます。
近年では薬だけでなくサプリメントなども併用すると効き目に影響するものがあるので、何との併用がダメなのかを知っておくことも必要です。
特にピルの場合服用をストップすると効き目が得られなくなるので、他の薬を飲む場合には注意が必要となります。
まず医療機関で処方される薬の関しては、ピルを飲んでいることを医師に告げれば併用しても問題のない薬を処方してもらうことが出来ます。
そのため処方薬に関してはそれほど問題はないと言えます。
ただしピルを飲んでいることを黙っていて処方された場合には、医師側もピルの存在を知らないまま処方したことになるので、ピルの効果に影響を及ぼす薬を処方してしまう可能性があります。
そうならないためには必ずピルの使用を医師に告げ、トラブルにならない処方をしてもらうことが重要です。
それと持病があり薬を継続的に使用している場合には処方された薬がピルの効果に影響する場合があります。
それが、血糖降下剤、抗てんかん剤、副賢皮質ホルモン、テトラサイクリン系ペニシリン系抗生物質といった薬となり、これらの薬はピルの避妊効果を下げてしまうことがありますし、副作用を強くする場合もあるので注意しなくてはいけません。
市販薬に関してはセント・ジョーンズ・ワートという成分が含まれているサプリメントなどは併用すると効き目に影響することがわかっているので、日頃からサプリメントを使用している人はセント・ジョーンズ・ワートが入っている場合はサプリの使用を中止したほうが良いでしょう。
市販薬に関しては現在のところピルと併用しても問題のないものしか販売されていないため、風邪薬などを飲んでいた場合でもピルの効果に影響を及ぼすことはありません。

低用量ピルを服用中はお酒を飲んでも大丈夫?

低用量ピルとお酒

低用量ピルを服用している間でも、友人との会食や会社の仲間との飲み会に参加することも少なくないでしょう。
その場合お酒を飲むことがピルの服用に影響することはあるのでしょうか。
これに関してはお酒自体はピルの効果に影響することは無いと考えて良いので、ピルを服用中であってもお酒をたしなむ事は可能です。お酒自体がピルの効果を妨げることもありませんし、逆にピルがお酒の回りをよくするといったこともありません。
ただしお酒を飲んだ場合には飲みすぎてしまい嘔吐するということも考えられ、ピルを飲んだばかりで嘔吐してしまうとピルの成分を体内に取り込めずに吐き出してしまうことも考えられます。
これではピルを飲んでいないのと同じになるので、吐くまで飲まないように注意することが必要です。
それと飲酒によりピルを飲むのを忘れてしまうというケースも非常に多く、この場合もピルを決められた時間に飲めていないことになるので効果を得られなくなってしまいます。そうならないためにはお酒を飲む前にピルを使用し、数時間程度の時間を空けてからお酒を飲むことと、飲みすぎに注意して適度な量に留めることが必要です。
それとお酒の中にはグレープフルーツを使用したものもあるので、これは避けておく必要があります。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低用量ピルの効果

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.