低容量ピルの体験談

生理痛と避妊に使える低用量ピル・ヤーズの通販体験

更新日:

高校生の頃から生理痛に悩まされていたわたし。
毎月痛み止めを飲んでなんとか仕事に向かう・・というのが苦痛で仕方ありませんでした。
あまりにもキツくて、実は欠勤してしまったこともあります。(さすがに生理痛で、とは言えませんでしたが)。

こんなに大変なことがずっと続くのは耐えられないと思い、社会人になって半年ほど経った頃にレディースクリニックを受診しました。
そこでの診断が「機能性月経困難症」。簡単に言えば、ホルモンの過剰分泌のせいで子宮が反応しすぎて腹痛が起きたり、頭痛や吐き気を催したりすることだそう。
「ホルモンのいたずら」とお医者さんは言っていたけど、いたずらの度が過ぎるとこっちはキツくて生活もままならない。

日常生活に支障をきたし過ぎていたので、ピルを飲んで生理をコントロールしましょうと「ヤーズ」という低用量ピルが処方されました。
ピルというと避妊に使うものというイメージでしたが、生理痛にも効果があるなんてちょっとビックリ。
こうして、わたしのピル生活が始まりました。

ピルを処方してもらう。 副作用がこわかったけど…

生理痛の改善にピルを飲む

はじめてヤーズを処方してもらうとき、副作用についての簡単な説明がありました。
ピルは排卵を抑える、つまりホルモンバランスを強制的に変える作用があるから、頭痛や吐き気が出るかもしれない、と。
あとは、むくみや倦怠感が気になるという人もいるそうです。
どんな症状がどの程度あらわられるのかは個人差が大きいので、気になる体調不良があったら相談するようにということでした。
幸いわたしとヤーズの相性がよかったのか、体調面で不快に感じることやしんどさを感じることはありませんでした。
言われてみれば、いつもよりもむくみがひどいなぁというくらい。
しょっぱいものを食べ過ぎたのかも・・という程度なので、ピルによる副作用がこれならラッキーという感じです。
ただ、血液検査をしたうえで服用しても血栓症になる人はいて、最悪のケースとして命を落とす可能性があるという忠告はさすがに恐怖でした。

ヤーズは通販でも買える

毎月数千円ほどの出費ですがチリも積もれば・・・。
定期検査があるときにはさらに費用がかかるし、一度で出してもらえるピルの量は3ヵ月分が上限なので、なんだかんだしょっちゅう通院しているんですよね。

通っていたクリニックがいつも混んでいてやたらと時間がかかることもあり、通院に辟易していると職場の先輩に話したら、「通販でも買えるよ」とのこと。
聞いてみると通販でピルを買っている女性は多いそうで、わたしも試してみようかなと思い調べてみました。

そこで分かってきたのは、ネットで買えるピルは海外のものということ、処方箋はいらないけど注文から配達までに結構な日数がかかるということ、詐欺サイトが存在するということです。
かなり不安にはなりましたが、処方してもらっているヤーズも通販で買えるとわかり思い切って購入。

注文はファッションサイトと同じような手順で、商品(ヤーズ)を選択→必要事項を入力→注文確定ととてもカンタンでした。
サイトには商品到着までに1週間~2週間ほどかかると書かれていましたが、10日前後で届いたかな?思っていたより早かったです。
梱包や商品の状態もごく普通で、日本のサイトから届くものと違う点といえば何もかもが外国語で記載されているということくらい。
口コミの評価が高いサイトを選んだという安心感も手伝って、服用に対しての不安はほとんどなくなりました。

実際に飲み始めて2ヵ月目に入りますが、体調に変わったことはありません。
副作用が出るとか生理痛がひどくなるということもなく、快適に過ごせています。

ピルのおかげで毎月ラクに過ごせる

ヤーズを服用する前は、起き上がるのもやっとという腹痛・だるさに加えて、夜用ナプキンでも漏れるくらいの出血量に悩まされていました。
でも今は、生理中なのにこれほど普通な生活が続けられるなんて・・というくらい好調です。

ピルといえば、避妊率の高さも魅力ですよね。
今おつき合いしている彼はコンドームで避妊をしてくれるし、信頼して一緒にいられる人です。
性感染症の心配はないと思えるので、ピルでの避妊もありかなと。最近はコンドームなしでセックスすることが増えましたが、最中の流れが途切れないし気持ちよさもかなり違います(笑)。
ヘビーな生理痛に思い悩んで飲み始めたヤーズですが、わたしにとっては一石二鳥のメリットがありました。

いつかは妊娠したいという希望を持っていますが、それまではピルとのおつき合いが続きそうです。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低容量ピルの体験談

Copyright© ピル通販便 , 2018 AllRights Reserved.