低用量ピルの知識

低用量ピルのメリットとデメリット

投稿日:

低用量ピルのメリットデメリット

低用量ピルを使う場合、避妊という効果にばかり目が行ってしまいがちですが、低用量ピルには避妊以外の効果があることが分かっています。
そのため低用量ピルを使うことで避妊以外のメリットを享受することが可能となり、それにより今まで悩んでいた体調に関する問題なども解消することが出来る場合も有ります。人によりその効果にっ違いはありますが、少なからず何かしらのプラス効果があることは間違いありませんのでピルを使うことでもたらされる副効用にも注目してみると良いでしょう。

低用量ピルの避妊以外のメリット

低用量ピルのメリット

低用量ピルを服用する事でほぼ100%の避妊効果を発揮してくれる事はご理解して頂けたと思いますが、その他にも沢山の事に効果的なのが低用量ピルなのです。
低用量ピルを使った場合に避妊以外のどんなメリットがあるのかをしっかりと理解しましょう。

生理不順や生理痛の緩和

一つ目は生理についてのメリットで、生理不順や生理痛と言った症状を緩和する効果が期待できます。
月経が起きるサイクルや生理痛が酷い場合にはホルモンのバランス調整がうまく機能していないことも考えられますので、そのバランスを整えることで生理を正常な状態に導くことが出来ます。
低用量ピルを使うことで成分であるホルモンが体に作用しますので、月経に関する様々な症状を改善することが出来るわけです。
生理不順や生理痛だけでなく、生理による出血量の減少にも効果があることがわかっており、それにより貧血状態になりにくくなるといったメリットもあります。
月経の度に貧血になると言う女性も多いわけなので、出血量を減らせることはそのまま貧血防止に繋がるわけです。

子宮内膜症の予防

低用量ピルを飲むことで子宮内膜の活動も抑制する効果があるため、避妊時の着床を防止するだけでなく子宮内膜の病気である子宮内膜症といった症状も起こりにくくすることが出来ます。
子宮内膜症は子宮内膜が厚くなればなるほど起こり易くなるわけですが、低用量ピルを飲むことで子宮内膜を厚くすることを防止できるとともに、すでに子宮内膜症の場合はその進行を妨げそれ以上症状が進まないように食い止めることも可能となります。

女性ホルモンの調整

次に低用量ピルで得られるメリットとして大きいのがホルモンのバランスを調整することによる肌などへの影響です。
ホルモンのバランスが崩れることで肌荒れやニキビといった状態に陥りやすくなりますし、日頃からホルモンが崩れやすい生活をしている人はニキビなどで悩んでいる人が多いという事実があります。
低用量ピルを使うとバランスを操作出来る為、その副効用により肌荒れなどを改善しニキビなども減らすことが出来ます。
それだけでなくホルモンのバランスが正常になることで月経前症候群と呼ばれる症状の緩和にも効果があります。
この月経前症候群は月経がはじまる前に起こる様々な症状の総称で、イライラや精神的不安定な状態、体調の悪化や倦怠感といった状態になりやすくなります。
これは月経前にホルモンのバランスが崩れることで起こるため、ピルを飲んでいればその状態になり難くできます。
さらに低用量ピルの飲むと排卵の抑制が出来るわけですが、この排卵抑制効果には受精しなくするだけでなく排卵しないことによる副効用があることも分かっています。
それが排卵による卵巣がんの発症や卵巣嚢腫といった症状を抑える効果となっています。排卵することにより女性の子宮内では卵巣にダメージが与えられてしまうことになり、それが積み重なることで卵巣自体が病気になってしまうことがあります。それが卵巣がんや卵巣嚢腫と呼ばれるもので、そうなってしまうと卵巣を摘出するなどの手術も必要になる場合があります。
しかし低用量ピルを使うことで排卵を抑制すれば無駄に卵巣にダメージを与えることも無くなり卵巣がんや卵巣嚢腫といった卵巣の病気になるリスクを軽減することが出来ます。長期利用を行うことで卵巣だけでなく子宮全体の状態を安定させることも出来、男性ホルモンを抑制することで更年期に起こり易くなる更年期障害を緩和する効果もあることが分かっています。

低用量ピルのデメリット

低用量ピルのデメリット

低用量ピルを使うことで数多くのメリットがあることは分かったと思いますが、低用量ピルを使う事での悪影響も知っておかなければいけません。
メリットばかりを考えて使ってしまうとデメリットによるトラブルに見舞われることも考えられますので、良いことばかりではなく悪いこともあるのだということを正しく理解した上で使うことが安全にピルを使うためには必要不可欠と言えます。
低用量ピルというものは医薬品という位置づけですし、医療機関で処方してもらって入手することが出来る薬となっています。
そのため副作用があるということを知っておかないといけませんし、どういった副作用が起きるのかを知ることも、もし症状が起きた場合の対処をするために必要となります。
低用量ピルは成分を少なくしてあるので副作用が起きにくい薬とはなっていますが、それでもホルモンを操作することが出来る薬ですのでその影響による副作用が起きてしまう可能性は否定できません。
低用量ピルを使った人の約10%の人には副作用が起こる可能性があり、その症状としては吐き気や頭痛、倦怠感や不正出血、胸のハリといった症状が確認されています。
どれもホルモンのバランスが意図的に操作されたために起こる症状となっており、低用量ピルを使い初めて1ヶ月~2ヶ月程度の期間はそれが続く場合があります。
ただしそれを越えてくれば症状は徐々に収まっていきますし、長期間使用している人はそういった症状に苦しむということはほとんどないと考えてよいでしょう。
一時的に吐き気などの副作用が起きる可能性があると言う事を知っておけば、もし症状が出た場合でも焦ることなく対処できます。

低用量ピルにかかる費用は保険適応外

低用量ピルは保険適応外

低用量ピルを使いたい場合には、医療機関で医師の処方によりピルを入手することになります。
その場合にはピルを入手する費用にも注意が必要となります。ピルの使用については基本的に保険の適用が出来ない為、もし医療機関でピルを処方してもらった場合にはそれは全額自己負担での利用となります。
医療機関により金額にばらつきはありますが、診察料とピル1シートを合わせた金額はおよそ3000~4000円程度となっており、毎月ピルを使用するのであれば年間で36000~48000円程度の費用負担が発生します。
中には2000円程度でピルを処方してくれる医療機関もありますが、それでも負担はかなり大きなものとなるので保険適用外であるということを理解した上で使用する必要があります。
オススメは海外医療品での個人輸入通販サイトで購入する事です。
その場合はまず、病院で診察をし一回処方された低用量ピルを個人輸入の通販サイトで購入するのです。
これは、自分の体にあった低用量ピルを見つけられている点と、一度服用をして試しているという安心感があるからとなります。
低用量ピルを個人輸入で購入すると今までかかった費用の3分の1ほどの価格で購入する事が出来ますので、上手く個人輸入の通販サイトを使う事がオススメになります。

アフターピル売れ筋ランキング

アフターピルを使用することで性行為後の妊娠を回避することが出来ますが、使用する場合にはやはり多くの人が使用しているアフターピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方がある場合のみアフターピルを購入する事が可能となっており、処方出来るアフターピルの種類はノルレボ錠のみとなっています。
しかし、個人輸入代行による購入に関しては複数のアフターピルを選ぶことが出来、その効果に関しても種類によって多少違いがあり価格に関してもばらつきがあります。

ではどのアフターピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、常備しておくのにも便利だと言えます。
アフターピルの売れ筋ランキングをチェックしてみるとほとんどの場合同じ銘柄が上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位アイピル 2位マドンナ 3位アンウォンテッド72となっています。その中でも突出して人気が高いのがアイピルであり、他の2種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

今回は【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能からアフターピルの人気ランキングを作成しました。

アイピル

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。アフターピルとしても有名なノルレボのジェネリック医療品となっております。

性行為後、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避してくれます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

メーカー:シプラ

マドンナ

マドンナは日本未承認のアフターピルです。マドンナは病院では処方して入手する事ができませんので、インターネットから海外の個人輸入での入手となります。

72時間以内の服用で約95%の避妊率を誇りますが、日本での未承認という理由が2位という順位に反映されている様子です。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:Biopharm Chemicals co., ltd

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72は、世界中されているモーニングアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合に使用をする緊急避妊薬です。

効果はほど人気のアイピルと同じで24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約75%の確率で妊娠を回避する事が出来ます。

効果・効能:避妊効果・アフターピル

有効成分:レボノルゲストレル0.75mg

メーカー:マンカインドファーマ

-低用量ピルの知識

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.