トリキュラー

トリキュラーとは?

トリキュラーとは、妊娠を防ぐための目的として処方される、低用量ピルとして知られています。
正しくは、低用量経口避妊薬といいこちらのトリキュラーは、ネット通販でも購入をすることが出来ますので、避妊をしたい女性が通販で購入する機会も多い薬です。
しかし、購入する場合には、あらかじめその効果や成分を知っておく必要があるといえるでしょう。
あらかじめ成分や効果を知っておくことによって、間違った使い方をせずに済むといえます。
そこで詳しい効能や成分について、詳しく見ていきましょう。

トリキュラーとは?

トリキュラーの写真

トリキュラーとは、1976年にドイツで開発された第2世代の3相性のデイワンスタートピルとなります。
避妊目的・治療目的どちらの目的でも、医師に処方をしてもらうことは可能ですが、避妊目的の場合には、健康保険の対象外となっています。
このため処方してもらうためには、高価な薬であるといえるでしょう。
最近ではインターネットの通販で購入することが出来ますので、若い女性にも低用量ピルが浸透してきているのです。
日本においては、約40パーセント以上の女性が服用をしていると言うことでも人気の低用量ピルであるといえるでしょう。
3相性ピルと言うことで、ホルモンの量が3段階に分かれていると言うことも大きな特徴です。

トリキュラーの特徴

トリキュラーの特徴は?

トリキュラーの特徴として、低用量ピルであるため、妊娠を防ぐという効果があります
まずは女性のホルモン分泌などに作用することによって、排卵を抑えるという効果があります。
そして子宮に作用することによって、受精卵の着床を防ぐことができます。
さらには子宮頸管の粘膜を変化させることによって、男性の精子が子宮に入りにくくなるという作用もあります。
ホルモンの分泌をコントロールすることによって、脳に「妊娠した」と勘違いさせるというもので、そのため排卵しなかったり、着床しにくくなったりするのです。
トリキュラーには、正しい飲み方がありますが、この飲み方を確実に守っていれば、避妊率は高く、ほぼ100%となりますが飲み忘れなどがある場合には、93%程度の避妊率となります。
また、その他にもホルモンバランスを整えてくれるという効果がありますので、生理不順や生理の出血量を減らすなど生理周期を安定させるという効果があります。

トリキュラーは21錠と28錠がある

トリキュラー21とトリキュラー28

トリキュラーは、正しい使用をすればほぼ完全に避妊する事ができ、妊娠を希望するタイミングになったら服用をやめれば妊娠準備期間に入り、28日サイクルに月経周期を安定しやすく出来るなど、女性のライフスタイルにもよくあった避妊薬となります。
トリキュラーにはトリキュラー21とトリキュラー28があり、21錠入りと28錠入りがあります。
こちらの違いは、21日間連続で1シートを飲み終えたら7日間ピルを飲むのを休んでから次のシートに入るのと、21錠を服用し終わったら薬の成分が含まれていない偽剤(プラセボ錠)が7錠加わったタイプに分かれます。
簡単に説明をしますと21錠タイプと28錠タイプにわかれているという事になります。
避妊以外にも肌荒れやニキビの軽減、更年期障害等にも有効的で海外等では低用量ピルの服用は、常識的な事となります。

トリキュラーの値段

トリキュラー病院と通販の比較

低用量ピルのトリキュラーの値段は、病院で処方してもらう場合と、自分でネット通販などで購入する場合によって値段が異なります。
病院で処方してもらう場合には、大体約2700円程度の値段であるといえるでしょう。
これは診察料や検査料を含まない価格であり、1シートあたりの価格となります。
他の低用量ピルと比較しても、価格は少し安めになっているのが特徴です。
しかし、病院で処方してもらった場合には、避妊目的の場合には健康保険の対象外となりますので、自費で薬の代金を支払う必要があります。
また、このトリキュラーはPMSや、生理不順などでも使われる薬ですがそれらの治療目的の場合には、健康保険が適用されますので、1シートあたりの価格は、2000円前後であるといえるでしょう。
また、低用量ピルなどが販売されているネット通販で直接購入するという方法もあります。
低用量ピルのネット通販サイトなどでの購入の場合は、遠隔診察が必要な場合には2000円~3000円程度と送料が必要になります。
また、診察が必要ではないという場合は、トリキュラーだけを購入したい場合には、1200円程度で購入をすることが出来ます。
ネット通販サイトはほとんどありませんので、トリキュラーなどの低容量ピルを取り扱っているサイトをまずは探す必要があるといえるでしょう。
また、通販はとても安くで低用量ピルを購入することが出来ますが、全て自己責任で飲むことになりますので、注意が必要となりますので心配であれば、病院で処方してもらった方が安心して飲むことが出来るといえるでしょう。

トリキュラーの効果効能

トリキュラーの効果効能

トリキュラーの効能として、避妊の効能があります。
その避妊率は、約93%程度であり正しい飲み方さえ守っていれば、ほぼ100%に近い避妊率があります。
また、トリキュラーは自然な女性ホルモンの形に近づけることが出来るという効果がありますので、ホルモンバランスが安定するという働きがあります。
このため、子宮内膜が安定し不正出血などがなくなったり生理不順などが改善したりもします。
このため生理不順で悩んでいるという方にも処方されることがあります。
服用することによって生理周期などが安定しホルモンバランスをリセットさせることが出来るといえるでしょう。
さらに重い生理痛などで悩んでいるという方の場合には、この症状を改善する効果があります。
重い生理の出血が憂鬱…という方の場合には、これらの生理による出血などを軽減したいという場合にも効果的です。
ニキビや肌荒れなどで悩んでいるという方の場合にもホルモンバランスを整えることが出来るため、効果的です。
低用量ピルには、服用することによって婦人科系の病気の疾患を防ぐことが出来るというメリットもあります。
子宮がんや卵巣がんなどのリスクを下げることが出来るといえるでしょう。

トリキュラーの避妊率

トリキュラーの避妊率は、飲み忘れや飲み間違いなどがなければ、100%の避妊率の薬であるといえるでしょう。
しかし、飲み間違いなどがあることが多いので、気をつけなければなりません。飲み忘れなどがあった場合には、避妊率が93%になってしまいますので、確実に避妊効果を得る為には毎日しっかりと服用する事を心がけましょう。

トリキュラーの成分

トリキュラーの有効成分は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンからできておりこれを「三相性ピル」といいます。
これらの黄体ホルモン・卵胞ホルモンを決められたタイミングに正しく服用することによって毎日のホルモン量を段階的に増やしていくようにします。
急にホルモンバランスを変化させるのは副作用がありますので、なだらかに増やしていくことによって体にとって良い効果が現れます。

トリキュラーが効く仕組み

トリキュラーが効く仕組みとして、この卵胞ホルモンと黄体ホルモンが体に入ることによって体内のホルモンバランスが整います。
また、これらのホルモンが体に入ることによって、体内で分泌されなくなり脳が妊娠をしたのではないかと勘違いをしてしまいます。
その結果、卵胞が成熟できなくなってしまい排卵が起こりません。
このため、避妊効果があり妊娠を防いでくれるのです。
トリキュラーに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、排卵を促してくれるホルモンの分泌を抑制することが出来ます。
子宮内膜などを変化させることが出来ますので、受精卵が着床してしまうことを事前に防ぐことが出来ます。
また、子宮頸管の粘膜を変化させることによって精子の侵入を防ぐことが出来ます。
さらには卵巣がんや子宮がんなどのリスクを減らしてくれるという効果も期待できます。
生理が重い…という悩みを持っている方や、生理周期が安定しないと言うことで悩んでいるという方も多いでしょう。
しかし、低用量ピルではこれらの辛い悩みも改善することが出来るといえます。
さらには、避妊薬としても使うことが出来ますので望まない妊娠を防ぐことが出来ます。医師に処方してもらう方法もありますが、最近ではネット通販でも購入することが出来ますので、一度検討してみると良いでしょう。
しかし、いくら低用量ピルで避妊率が高いといっても正しい飲み方をしなければ、避妊率は下がってしまい妊娠をしてしまう可能性があります。
このため、正しい飲み方などをしっかりと理解しておくことが必要であるといえるでしょう。
また、ホルモンバランスに直接働きかける薬なので副作用などの危険性もあります。
このため他の薬と飲み合わせるという場合には医師の診察が必要であるといえます。
100%の避妊というものは実は存在しませんので、効果や効能などをしっかりと知っておくことが重要となります。

信頼が出来る個人輸入代行サイト

日本の病院でも処方をされるトリキュラーですが、個人輸入代行通販サイトを利用すると、病院で診察を受け購入する場合の半額以下のコストで済むメリットがあります。
正し偽物を送りつけてくる業者だったりお金を支払ったのに商品を送ってくれない等の悪徳業者もあります。
こちらでは、信頼をおける安全で100%正規品を送ってくれる優良な個人輸入代行通販サイトをご紹介を致します。
私が、個人的に利用をしている海外医療品の個人輸入サイトはコチラになります。

海外医療品通販のお悩み宅急便
お悩み宅急便が信頼できるという5つの目安!

  1. クレジットカード決済が出来る事!(クレジットカード会社の厳格な審査を通過している証拠です。)
  2. 口コミ・体験談がある事!(サイト利用者がいて、商品が手元に届いている証拠です。)
  3. 電話対応・メール対応がしっかりしている(電話での問い合わせやメールでの問い合わせをしかりと行ってくれます)
  4. お荷物の追跡番号を発行!(商品に対して追跡番号が発行されるので、荷物の所在を確認出来ます。)
  5. 今までに何度もお悩み宅急便をご利用した結果、何も問題はありません!

海外医療品の個人輸入お悩み宅急便での注文方法は、一般的な通販ショップであるアマゾンや楽天などと同じで所定フォームに記入し入金をするだけで自宅や郵便局留めで注文商品を届けてくれるのでとても便利です。
また、まとめ買いをすると割引率も高くなりわざわざ病院に足を運ぶ時間も節約できるのです。

低用量ピル売れ筋ランキング

低用量ピルを普段から使用することでコンドーム無しでも妊娠を回避することが出来ますが、実際に低用量ピルを使用する場合には、やはり多くの人が使用している低用量ピルを使用する方が安心感があると言えます。
現在国内では医師の処方があれば低用量ピルを購入する事ができますが、低用量ピルは自由診療となっており病院で低用量ピルの価格を決める事が出来るので、高額な費用がかかってしまうのが実情となっております。
しかし、輸入輸入代行通販サイトで低用量ピルを購入すれば、わざわざ病院に診察に行く必要もないうえに、安価で低用量ピルを購入する事が出来るのです。

ではどの低用量ピルを購入すれば安心して使用することが出来るのかと言えば、やはり売れ筋ランキング上位のものをチョイスするのが最も安心して使用出来ますし、実際に使用した事がある低用量ピルを購入する事も重要となります。
低用量ピルの売れ筋ランキングをチェックしてみると人気が高いのは日本でも処方をされている低用量ピルやある程度知名度があるものが上位を独占していることが分かります。
売れ筋ランキングトップ3となるのは1位トリキュラー 2位マーベロン 3位ジネット35(ダイアン)となっています。その中でも突出して人気が高いのがトリキュラーやマーべロンであり、他の種類と比べた場合でも利用者・リピーターともに多いことが分かります。

個人輸入代行サイトの【お悩み宅急便】でのユーザー口コミ・効果効能から低用量ピル人気ランキングを作成しました。

トリキュラー






トリキュラーは、日本病院でも一番多く処方されている大変人気のある低用量ピルです。大手製薬会社であるバイエル社が開発をした三相性ピルとなっており体内に入るホルモン量を最小限に抑える事が出来ます。

トリキュラーの効果は、避妊だけではなく更年期障害の軽減や生理不順・生理痛の緩和にも効果的となっております。

効果・効能:避妊効果・更年期障害の軽減・バストアップ

有効成分:エチニルエストラジオール0.03mg・レボノルゲストレル0.05mg

メーカー:バイエル

マーベロン






マーベロンは従来の低用量ピルに比べるとホルモン用量が少なく副作用が少ない為、体の小さな日本人向けの低用量ピルになります。ちゃんと毎日服用すればほぼ100%の確率で妊娠を防ぐ事が出来ると言われており、世界中で使用されているピルとなります。

※マーべロンには21錠セットの他に、28錠の錠剤が入ったマーべロン28錠がございます。これは、休薬期間の数え間違いを防ぐ為に、ホルモンの配合されていない偽薬(プラセボ)が7錠分セットになったものになります。

効果・効能:避妊効果・生理痛・生理不順改善

有効成分:エチニールエストラディオール0.03mg・デソゲストレル0.15mg

メーカー:MSD

ジネット35(ダイアン)






ジネット35は、ダイアン35のジェネリック医療品になります。アジア人のように体が小さい方ように開発をされた低用量ピルになります。日本では認可されておりませんが、アジアだけでなく世界中で支持をされて大人気の低用量ピルになります。避妊や生理不順だけではなく、ニキビ・ムダ毛の改善や更年期障害の軽減、バストアップ効果もあります。

効果・効能:避妊効果・更年期障害の軽減

有効成分:酢酸シプロテロン2mg・エチニルエストラジオール0.035mg

メーカー:シプラ

更新日:

Copyright© ピル通販便 , 2017 AllRights Reserved.